FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共に生きる

人は一人では生きていけない
必ず誰かに助けられている
そして迷惑もかけてしまう
そこから、ありがたさを学んでいる

愛する人と共に生きる
相手の存在価値を認め
尊重し信じあう
だからこそ、
自分と違う道だとしても心から応援できる

共に生きることによって
お互いが成長していく
お互いが成長するためには
お互いの自由を認め合う
お互いの違いから学ぶことができる
そうして、自己責任も思いやりも生まれる

手を差し伸べても、伸べられても
どちらか一方が拒んだら
それは仕方ないことであり
無理に強制はしない
決めるのは自分自身
お互いの行くべき道へと
進んでいけばよいのである
何故なら人は皆自由であるから
アイデンティティーという自由を奪うということは
見えない罪の一つだと思うから

昔、流行った「チーズはどこへ消えた?」
ではないけれど
自分の道を見つけていけばよいのだ

そう思っていた。

でも何かが足りない・・
何だろう
何だろう・・・

何度もホーに手を差し伸べられても
動こうとしないヘムのような人を
イソップ物語の「北風と太陽」の
太陽のようになって
動かせないだろうか・・
ヘムの心を頑なに覆っている壁を
崩せないだろうか・・
これは自由を奪うことなのだろうか
自分がホーという人間だったら・・
自分がヘムという人間だったら・・
そして愛する人が
ホーまたはヘムだったら・・・

自分が自分でいること
それは自然なこと
助け合うこと
これも自然なこと

愛する人と共に生きるために
私は何ができるだろう・・・


元気になあれ
FC2 Blog Ranking に参加しています
元気 : 癒し : ポエム : スピリチュアル

この記事のトラックバックURL

http://genkininaare.blog79.fc2.com/tb.php/27-79270dab

コメント

おはようございます♪
今日もまたいいお天気ですね(^^♪
朝からズシンときました。
“誰かに助けられ、また迷惑もかけている”…迷惑というニュアンスではないのですが、mixiの中でのコミュニケーションについて、今ぶつかっている課題にリンクします。

「愛する人と共に」
それは生きていく上で最大の原動力となりうるものなんでしょうか。。。
今の自分の状況と照らし合わせると、かなりタイムリーなポエムでした。

ありがとうございます☆

…ごめんなさい、自分のことばかりで。。
美宙さん
おはようございます!
人それぞれ色んなことを考え感じ行動していますが
行き着くところは、殆どと言っていい位
同じところなのでしょうか。
だから助け合えるのかな~
そんなことを美宙さんのコメントから気づきました!!
ありがとう☆
myu:さんの優しさからくる歯がゆさが伝わってきますね。
「自分が自分でいること
それは自然なこと
助け合うこと
これも自然なこと 」
助け合うことは何かをすることだけなのかしら?
「愛する人と共に生きるために」
共に生きるということは、一緒に何かをすることだけではないように私は少し思いました。
動かない人には動かない理由があるけど、ひとりぼっちになりたいわけでも、放っておいてほしいわけでも、閉ざしたくて閉ざしているわけもないのかもしれないですよね。
でもそれは本人にしかわからないこと。もしかしたら本人もどうしたいのかわからないことなのかもしれないですよね。
でも、必ず人は気づきます。成長します。
愛する人の心が解けるまで、ただただ何もせず、優しく心から寄り添うという事も一つなのかな?と感じました。
ダラダラとわかったようなこと言ってごめんなさいね。
ひろちゃんさん
さすが、ひろちゃんさんですね♪
<ただただ何もせず、優しく心から寄り添う
私はこれが究極の愛だと思っているのですが
時々忘れてしまうのかな~
時間という長さではなく、寄り添う気持ちがあれば充分だと・・
(♪いとしのエリーを思い出しました!)
優しく心から☆
きっと私に足りなかったものかもしれません。
自分が心から優しくなれなければ伝わらないものね。
ありがとう、思い出させてくれましたv(^^)
神の愛と人の自由
私たちは自由です。恐ろしいくらい自由です。この世の全ては神の法則のもとに精緻でそしてダイナミックに動いていく。たとえこの太陽系や、あるいは銀河系が消滅するようなことがあっても、それも神の法則の上に生じている。神は万能だし、その本質が「愛」であると思うのだけど、だとすると人間が感じている「愛」というのはすごく限定されている愛なんだなと思う。神は私達が神の愛と調和と叡智の法則にのっとり無限の進化を遂げていくことを望んでいると思うんだけど、でも私が自殺したいと考えても、それさえ受け入れてくれる。私達は自由。自滅する自由さえ与えられている。それほど私達は神に尊重され、愛されている。と思う。
無限さん
何故私たちは限定した愛に翻弄されてしまうのだろう・・

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。