FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒りという感情

傷つけられて
落ち込んだりすると
怒りという感情に持っていってしまいがちである。

けれども
怒りは、誰のせいでもなく
その時の自分に余裕がないということを
知らせるためのとっておきの感情なんだと思う。

たとえ理不尽なことをされたり言われたりしたとしても
怒りという感情に発展させずに済む方法がある。

誰かを責めてもラチがあかない
自分の気持ちを誤魔化すのではなく
正直な感情を受け止めると
今自分に余裕がない
ならばどうすればよいかという方法を見つけ出す
それが知恵でもあり、経験になる
そしてそれが力になる

すぐにできないけれど
習慣にしてしまえば
意外に思ったよりもラクにできる

人間誰しも余裕のないときはあるものだ
バランスを崩すこともよくある
それは、成長するための一つのチャンスなのだろう
このチャンスをつかまない手はない。

元気になあれ
元気 : 癒し : ポエム : スピリチュアル

この記事のトラックバックURL

http://genkininaare.blog79.fc2.com/tb.php/119-e169ec2f

コメント

わかります
心が作り出す、様々な思考と感情の奴隷にならないために
こういうアプローチはとても大切なのだと思います。
>mugenさん
mugenさんのコメントから
気持ちが落ち着いたような気がします。
ありがとう~☆
私はよく怒ります(;^_^A
でも、その時になんで怒ったのか・・・
考えてみると。。。
今の自分の立ち位置を観察して、体験しているのだなぁ・・・
って思いました。
自分はどんな位置で人と関わりたいか、
自分が怒ったのは、それをどうされたからなのか・・・
うまくまとめられなくてごめんなさいだけど、
そんな事を考えました☆(*^-^)
>ひろこ☆さん
え?ひろちゃん、よく怒るの? (笑)
ひろちゃんの場合、エネルギッシュってことかな^-^
うん、ひろちゃんは自分のことをよく見つめ、
ポジティブ志向で乗り切っているよね。
そんなひろちゃん、かっこいいよ。
私もバランス調整しながら乗り切るわ!
ありがと☆

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。