スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありのままの自分

人前で
泣くことも
弱味をみせることも
できなかった
子供の頃のわたし。。

愛を知るたびに
涙の数は増え
自分の弱さに 気づいていく

そんな無力な自分をも ようやく

"大好き"

って思えるようになったよ。。


元気になあれ
FC2 Blog Ranking に参加しています
元気 : 癒し : ポエム : スピリチュアル

この記事のトラックバックURL

http://genkininaare.blog79.fc2.com/tb.php/113-a1105326

コメント

新しい光の出現
さて,新しい光の出現に伴って私のコメントもそれにかかわる内容とします.

どこかに無力故に自信をなくしている人がいるとします.彼に何かアドバイスをする場合,些細な一言が傷を広げることになるので注意が必要なのはいうまでもありませんが・・・
今私が言えることはすべての生命はネットワーク,つまり宇宙の構成員であり,無駄なものなど何一つ無く調和の中に生きている,ということです.自分の存在は周りなしにはありえないし,その逆も言える.そういう理由で自分という存在をいい加減にしてはいけない.
全体が大事なんだと思う.自分もまわりも大切にする慈悲が大事だと.

生命は,決して単体では存在できません.多くの相互依存のおかけで生きていけます.自然界を見渡せばすぐわかりますが,何もかもが相互依存です.自分が適当な生き方をすればまわりにそれは影響します.

しかるに,おもしろいことに,自分の事だけ考えるのは生命の性です.ほんとうは自分とまわりに慈しみと責任を感じながら生きるのがみんなが幸せになるカギだと思います.

人間は無力どころが,人間だけが自分の意思で世界を変えられる.だから目覚めよと.
ただの自然の法則にしたがって,自分のことばかり考えたがる欲を,ちっぽけな自分だけにむけるのではなく,慈しみを世界の調和のために無限に広げるなんて,他の生き物にはできない,人間にしか出来ない.
仏教ではそれを人間の「最勝性」と呼んでいるそうです.そしてそれこそが人間が真にやるべき仕事だと.

そのため俗世で仕事をして稼いで,俗世を適当にやりすごしながら,他の生命にはできない慈しみを実践せよ,それが本来人間に与えられた,人間にしかできない仕事です,とお釈迦様はおっしゃってます.

そしてそれが生命の次元を超えるカギだとも.
今の宇宙が生まれる前の宇宙では欲界を超えることができた生命たちが自由に空を飛んだといわれたりしています.

人間は今も問われている.

自分のことがすきになれないで苦しんでいる,そういった疑問や苦しみを持ったということは,そういう次元の入り口に立っている人です.チャンスです.その人がいい道に進むことを心から願ってやみません.

「憎むのは簡単。許す(赦す)ということが本当は難しいことなのかもしれない。」
つい先ほど、テレビから聞こえてきたこの言葉が心の琴線に引っかかりました。
その言葉とこのmyu:さんの日記の内容が繋がるのか、どう関係しているのか判りかねますが‥何となく書きたくなりました。

どんな情況にしろ、人は自分の中から起こる感情を内側ではなく外側に出す。
外側に勢いよく出してしまうものって大概自分の中に置いておくこと(自分の中で赦すこと)ができないものなんだろうなと思います。
でも本当のところ、それは相手が憎い(許せない)のではなく、自分自身の奥底でけりのつかないものがずっと残っていて、それが相手を通して反映されているだけのこと。
そう、自分の中に赦せない自分がいるだけのこと。

赦すのが難しい…というのは、相手を‥ではなく、自分自身を赦すのが難しい‥ということなのかな。

「自分が大好き」
そう堂々と言えるmyu:さん、
とても素敵です☆

私は…
私のこと、
もちろん大好きです♪
>無限さん
ありがとうございます。

>新しい光の出現に伴って私のコメントもそれにかかわる内容とします

こんな風に
『元気になあれ』のブログを
みんなで作っていく感じにしていったら
楽しいかも~と思いました。
現状況は、
私と見ていただいた方たち
という感じですが
(もちろん私のブログなので当然なのですが)
みんなで意見交換とかして
励ましあったり助け合ったりしながら
みんな元気になっていったらいいな~
と思いました。
掲示板のようなもの?
できないだろうかと考えていたら
楽しくなってきました。
広げていけたらいいな~
そんなことを思いました☆

何か良いアイディアなりアドバイスを頂きたいものです。

コメントずれてますぅ~?(~o~)
>美宙さん
ありがとう。

美宙さんも
自分を大好きといえるのですね♪
ステキです。

私の場合
自分に自信がなかったのです。
だから強がっていたのですね。
そうしていないと自分が崩れそうで怖かったからです。
その時はそれで良かったのだと今は思います。
もし強がっていなかったら
今ここにこうしていなかったかもしれません。
弱い自分、無力な自分ということを
今の私はネガティブに捉えていません。
ネガティブもポジティブも意識していません。
ただただ単純に、愛を通して
ありのままの自分を
好きになっていけたのかもしれません。
だからといって、泣かないとか怒らないとかありません。
悲しければ泣くし、頭にくれば怒るし(^^ゞ
でも自分の中心に戻ろうと思えば
戻れるということも覚えました。

>自分の中に赦せない自分がいる・・ことについて
私もそう思います。
与えたものは受け取るもの
鏡のようなものですものね。

>「憎むのは簡単。許す(赦す)ということが本当は難しいことなのかもしれない。」
憎むのは簡単なのでしょうかね。。
人(自分)を嫌ったり、傷つけたりすることは
人(自分)に嫌われたり、傷つけられたりするよりも、
ずっとずっと、苦しいものです。耐えられないものですよね。
ましてや憎むという感情は、
許すということと同じくらいそう簡単ではないような気がします。
憎むのは簡単と簡単に言ってしまう今の世の中。。
どうなのだろう。。
悲しいな。
もしかしたら、許すほうが本当は簡単なのかもしれませんね。
自分自身に戻れば良いのだもの。

何の番組かはわからないので
的外れだったら、ごめんなさい。。
補足
やはり職場からコメントするのは冷や冷やものでなかなか落ち着いて入力ができません.先の私のコメントもそうですが,稚拙でわかりにくい表現も多く反省してます.どうか許してください.

以下にコメントの補足を記載します.

自然の法則のままに生きていると,多くの場合,人間の欲は自分の方に向いたままです.言い換えるなら「自分の自我を満足させることが一番大事で,とにかく自分のためだけにああしたい,こうなりたい」という状態です.
やっかいなのは自分の気が付かないところで,そういった傾向が頑強にあるという事です.
私の願いはその価値観を壊すことです.気づかない内に自分だけに向いてしまう心の価値観を壊してしまいたいのです.

どうしてもどうしても,ちっぽけな自分が一番大切で,自分の方に向いてしまう欲望を,小さな自分から,外の大きな世界に向かって限りなく広げる努力を続けたいのです.

私 というものにとらわれたくないのです.

私という得体のしれないものに
私という,不合理で,我が侭で,無知なエネルギーに
人間の尊厳をかけて挑みます.

Destiny is calling you... “Obey me, or defy me”



自分の話になりますが、私は幼い頃の両親の離婚によって、母親に対して憎しみ(恨み)に近い感情を抱え続けてきました。
今はその想いが心の奥底にあったのだと認め、そんな自分を赦し、受け入れ、家族を大切な存在と思えるようになりました。
それまでは家族に対して好きとか大切とか愛といった感情を微塵も感じていませんでした。
早く家を出たくて出たくてたまらなかったのです。
そんな思いを、反抗したり自分の殻に閉じこもり何も語らないことで家族に表現していたのだと思います。

今思えば、随分と窮屈で苦しい思いをしてきたのだと振り返ることができます。
そうできるようになったのは、ほんの3年くらい前からです。
母へのそうした負の強い感情は、私自身の女性性の部分をひどく傷つけていました。
今はそれを修復している最中でもあるわけですが、強い感情が心の大半を支配していた頃、私は自分に自信が持てない、自分を信じることができない人間でした。
母親に対する感情と「自分を信じる・自分を好きになる」という想いは直結していたのです。
今、これを書きながら「私の感情のしこり」に一人納得している始末です(笑)

簡単‥という言葉は適切でないのかもしれません。
ただ、その言葉をテレビを通して聞いたときに、「そうだな~」って自分自身のことを思いました。
「憎むのは簡単」というか「怒りを外側に向けるのは簡単」という表現かもしれません。
どちらにしても、本人もそれをぶつけられた相手も‘傷を負う’ということに変わりはありません。

『ありのままの自分である』ということは、自分の中にある「自分のためだけの欲」が影を潜めた時に現れるものなのかなとも思います。

これだけ書いておきながら、またまとまりのない文章でごめんなさい。
ありがとうございます☆

>無限さん
職場からだったんですね。
恐縮です。
どうぞ、仕事に影響のないように
また冷や冷やしながら(笑)のコメントなど
されませんように。
でも嬉しかったです。ありがとう。

「新しい光の出現」のコメント返しが
無限さんの内容と違う方向からコメントしてしまってごめんなさい。

>先の私のコメントもそうですが,稚拙でわかりにくい表現も多く反省してます.
そんなこと思っていませんよ。
それに充分無限さんの言いたいことは伝わっていますから。

慈しみを世界の調和のために無限に広げるために
自分を見つめ、自分は何ができるだろうと考えています。
未熟な私は・・まずは、ここ(自分)から・・
具体的に実践したいと思っています。

私のブログは、思いっきり
「私」「自分」中心で書いていますから (~o~)
肝に銘じておきます m(__)m
>美宙さん
簡単と言ってしまう悲しさというのは・・

自分や人をお気軽に(?適切でないかも)
嫌ったり憎んだり恨んだりしてしまう
この流れ・・

美宙さんが窮屈で苦しい思いをしたとおっしゃるように
とっても辛いことなのに
心を止めてしまう=その方がラク
誰かのせいにすれば自分の心の傷は軽くなると勘違いしてしまう

それまでのプロセスを省略して
簡単に人を嫌う、簡単に傷つける、簡単に恨む
そんな流れを作ってしまうことを悲しく思うのです。
具体的に行動に出る場合もあります。

ある高校生のリストカットについて
一度だけこのブログで触れたことがあるのですが
その時私は何もできなかった。
もう一人の自分を見た気がしたのかもしれません。

彼女たちは、簡単にできる方法は知っていても
抜け出す方法がわからなかっただけなんだと思うのです。
そういう子供たちに今私は何ができるだろうと考えます。

そんな意味をこめて
簡単とメディアで流すのは悲しいと思いました。

うまくまとまらなくてごめんなさい。

美宙さんはプロセスをしっかり見ているように思います。
そう受け止めています。。
言葉というのは本当に難しい‥人によって受け取り方も違えば発し方も違う。
そしてそれを読んだ直後はどうしてもその言葉の表面的な意味だけを捉えてしまいがち。
私はその傾向がどうやら強いようです。
しかも、一つの言葉が気になると、他の言葉は視界から消えその言葉に対してのみに意識が集中して文章やその空間で繰り広げられている全体像を捉えずに先へ進んでしまうのです。

反省です…。

それも含めて私なのだと言われればそうなのですが‥
そんな自分、嫌になることもないし。
ただ、その辺をうまくコントロールできるようになればもっと人間関係が円滑に和やかにいくのだろうとは感じています。

さて‥、

丁寧なお返事をくださって、ありがとうございます。

始めのmyu:さんの詩に戻って、これまでのやりとりと関連づけようと試みましたが、今の私にはまだ難しいようです。

>とっても辛いことなのに
 心を止めてしまう=その方がラク
 誰かのせいにすれば自分の心の傷は軽くなると勘違いしてしまう

この言葉に引っかかったのです。
過去やそこでつくった傷がずっと心のパンドラの箱にあることで、水(心・感情)の流れが止まってしまう。
水が止まることでそこに溜まる荷物は増える一方。
それに気づくことないまま、外側に荷物(と勘違いしたもの)をぶつけることで気が晴れるのだと思いこんでしまう。
きっと‥悲しい行動に移してしまう人たちは、箱の重さが自分が抱えられる限界をとてつもなく越えてしまっていることに気づかないほど、傷つき苦しみ続けたのだと感じます。
孤独‥だったのだと思います。
私も小学生の頃自殺を考えたことありましたから。
結局のところ、自分で自分の命を絶つ勇気はありませんでした‥その方法も「これは無理だろ」というものでしたから‥。
そんな時、周りにできることはないような気がします。
ただ、あの頃を振り返ると、すべてを大きく包み込んで心の声を聴いてくれる人がいたならば、その時に少しは癒されたのだろうかと思います。

「ありのままの自分」を自分自身で「好き」と言うのが難しいときには周りの誰かに代わって言ってもらう、そんな環境が身近にあればこれほど心強いものはない。
周りは自分を映し出す鏡ですから。
本来は自分で言えるのが一番なんですけどね。

最初のmyu:さんの詩から随分と遠ざかってしまい、ごめんなさい。
だけど、そんなふうに思います。

不適切だと感じたら、どうか削除をお願いします。


>美宙さん
いつも丁寧にそして思いやりのあるコメントを
嬉しく思っています。

自分の考えや思いを活字で伝えることの難しさを
痛烈に感じ、深く反省しています。

主語がないがために
また肝心な言葉を省略してしまうために
そして訳のわからない言葉を並べてしまうために
全く違う内容になってしまうという
基本的なことができない自分を
恥ずかしく思うと同時に
申し訳ないと思います。

" こういうことを伝えたかったんだ "
と書こうかと思いましたが
自信がないので控えることにしました。
責任を持って望んでいるつもりですが
まだまだ未熟です。
こんな私をお許しください。

これに懲りずにまたコメントしてくださいね。
こんにちは^^スペーストミーです。
Myuさん・・・・おひさです。

言葉・・・・・・
非常に難しいこのコミュニケーションの技術・・・。
その場の雰囲気で、言葉は、いかようにも変化してしまいます。
また、受け止め方でもそうですよね!^^
過去・・トミーも非難を受けたときがあります。
でも・・・大切なのは、やはり最後は、思いやりと感謝の念だけだと
思うんです。
何かしらの意味がその人にあってコメントを残してくれる。
それがたとえどんな理由でも・・・・
もちろん・・・ぜんぜん関係ないスパムなコメントは除きますが・・・・・
かけがえの無いのがコメントでしょう・・・。

10人いれば、10人の見方がある。
人の顔が違うだけ、意見も違う・・・
これは、考えてみれば、当たり前の事だと思うんです。
その点では、Myuさんをはじめとして、ここでコメントされた
人達全て、思いやりを持ったすばらしいコメントをされている。
これだけで、十分だとトミーは感じました。

なにやら偉そうな事を書いてしまってすいませんでしたが・・・・
また、トミーのブログにもまた来て下さいね!^^
私もね、小さい頃から自分の中に入ってしまい、自分がどんな人なのか分からなくなってしまった。
37才になって本当は泣きたかったんだ。愛されたかったんだと気づきました。
そして、今まで自分は最低だという思いを手放す旅が始まりました。
石ころにだって存在理由がある。
そんな言葉を見つけ、私も存在していいんだなあと思い歩き続けています。
不器用にしか生きられないけど、そんな自分も好きになりました。
まだまだ、解放中です。
今日も素敵な詩をありがとうございます。
『ありのままの自分』という名の樹木に垂れ下がったカラフルな美たち。
もしかしたら今回、感情の層の一番深いところを突かれたのかもしれません。

>" こういうことを伝えたかったんだ "
 と書こうかと思いましたが
 自信がないので控えることにしました。

読解力の未熟な私をお許しください。
そして、コメントを受け入れてくださったこと、深く感謝します。

これからもどうか、よろしくお願いします☆
ありがとうございます。


それから…
スペーストミーさんのコメントに励まされました。
ありがとうございます。

>スペーストミーさん
お久しぶりです。

ありがとう~です☆

言葉って難しいですね。
私は、自分のブログを通して
このようなコミュニケーションができて
ほんと感謝しているんです。
みんな真剣に思いやりを持って向き合ってくれる!
こんな嬉しいことはありません。
意見の違いは当たり前だと思っているので
それを気にしたことはありません^-^
そこがまた面白いところです☆
自分の考えや心の整理をしたり
学ぶことがホント多いですね。
ただ私の至らなさで人を傷つけてしまうことは
反省し、気をつけようと思います (^^ゞ

はい、充分満足しています(*^^)v

トミーさんにも心からありがとう~♪
>光明さん
私も苦笑するほど不器用ですが、こんな自分も受け止められるようになりました♪
まだまだ私も解放中です。真っ只中です☆
光と影の自分を受け止め
バランスよくのびのびと歩いていきたいと思っています☆

いつも何気なくそっと励ましてくださることを感じています。
ありがとうございます。
>美宙さん
いえいえ、美宙さん謝らないでください。

美宙さんの思いやりある言葉に
どれだけ感謝しているでしょう。
どれだけ素直になったでしょう。

至らないことが多い私ですが、
これからも美宙さんと繋がっていたいと思っています♪
よろしくお願いします^-^

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。